徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2010年 9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2010年9月3日(金曜日)

ザック・ジャパンの船出に幸あれ

カテゴリー: - flyman @ 22時48分29秒
ポストにブックエンド。ちゃんとテープで留めてある。なんで?

紆余曲折の末、決まりましたね、ザッケローニ監督。
今回のゴタゴタで思ったこと。年俸2億円という、破格の待遇でもなり手が少ない日本代表監督のオシゴト、どうして?
日本が、極東がイヤなの? WC出場がノルマとも言えるプレッシャーのせい? コトバの壁? 家族の反対?
つまり、日本代表監督の座って、案外人気無いんだ?、ってこと。

さて、イタリア人のザッケローニ監督。イタリアと言えばカテナチオと呼ばれる堅い守備が頭に浮かぶが、この人の得意は3トップの攻撃的サッカーとか。でも、決定力の乏しい日本代表の実力では、守備重視で行かなければ特に格上相手には歯が立たないことは先の南アWCでも明らかになったとおり。
まずは監督のお手並み拝見、「ザッケルーナ」にならないようにたのんます。

でも日本代表も、そろそろ格下相手と格上相手とで、試合運びを変えられるくらいの柔軟性は欲しいよね。とはいえ、アジアで格上と言えそうなのはオーストラリアだけか。
アジアカップ、WC予選と、戦う相手は基本的に同格以下ってことだから、親善試合以外には戦略を変える機会は無いのかも。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/456

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

20 queries. 0.021 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)