徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2019年 7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2019年7月18日(木曜日)

やっぱり印象派が好き

カテゴリー: - flyman @ 09時31分14秒

昨日、久しぶりに箱根のポーラ美術館へ行った。

ピエール・オーギュスト・ルノワール
《レースの帽子の少女》
クロード・モネ
《睡蓮》(部分)

いい絵がいっぱいあるよね、ポーラ美術館。

さて。
京都アニメーションで放火、というショッキングなニュースが。犯人に強い憤りを感じる。

さてさて。
flymanはWindows 10 ProのPCにPLEXのテレビチューナーボードPX-Q3PEを刺している。
使用しているソフトは、テレビ視聴にTVTest、録画にはEDCBだ。
これを単なる思いつきでspinel経由に構築し直した。spinelはチューナーボードのサーバーみたいなもので、これを経由する事でローカルPCのソフトだけで無く、LAN上の別のPCでもテレビの視聴が出来るようになる。また、B-CASカードはサーバー機だけで足り、リモートPCではスクランブル解除の必要が無い。つまり、スクランブル解除をspinelに任せる事でTVTestでの解除が必要なくなる。ということは、スクランブル解除機能の無いTVTestのバージョン0.8.0以降が使えるという事だ。
flymanはTVTest 0.10.0 を入れてみた。ついでに、spinel以外のソフトを64bit版に変更した。spinelについてはソースが公開されていないので32bit版を使う。
BonDriverも、今まではPX-Q3PE用を使っていたが、今回から汎用のBDASpecial-PlexPXに入れ替えた。
で、一応動作しているが、時々録画に失敗している。安定稼働まではまだ少し掛かりそう。


2019年7月7日(日曜日)

今日まで平塚市では七夕祭り

カテゴリー: - flyman @ 14時16分22秒

今年はまあまあ天気が保った方。そこそこの人手だったのでは?
でも、祭りそのものの規模は今年もちょっと寂しかった。

アカヒレの稚魚は、残り13匹まで減ってしまった。そんな中でも生育に差が出来ている。大きいものと小さなものでは1.5倍ほども違っている。小さいヤツはそろそろ落ちてしまいそう。
大きく育っているものは、人工飼料よりもインフゾリアをよく食べている気がする。


2019年6月25日(火曜日)

四之宮せせらぎの森

カテゴリー: - flyman @ 05時57分00秒
『四之宮せせらぎの森』は相模川の右岸(平塚側)にある、小さな公園だ。flymanは初めて入った。
ノウサギが出てきた。
相模川沿いは雉なども多い。
写真はスマホで撮ったものをトリミングしているので、写りは悪い。
これは先月撮影した隣の農地。雨上がりに、どう見ても兎の足跡だ。
自宅近くでノウサギを見たのは、もう25年以上も前の事だ。相模川からはかなり離れているが、この辺りにもまだ残っているのだろうか。

アカヒレの稚魚は少し減ってしまい、残り14〜15匹位か。二匹はスポイトで吸って別のボトルに移した後に星になった。たぶん、スポイトで吸った際にダメージを与えてしまったんだろう。
それ以外に星になったのは元の稚魚ボトルの稚魚たちだ。稚魚ボトルには水が濁るくらいにインフゾリアが発生していたので給餌を控えていたのだが、どうも極小のインフゾリアは稚魚の餌には向かなかったのだろう。死亡原因は餓死だと思う。ゾウリムシ成体サイズのインフゾリアを与えると、稚魚たちは盛んに口を使う。
一昨日辺りから、ダイソーで買った稚魚用飼料も少しずつ与えている。食べているかどうかは分からない。
ブラインシュリンプは使っていない。


2019年6月17日(月曜日)

WEBコミック

カテゴリー: - flyman @ 07時31分53秒

最近読んで、面白いと思ったのが『公爵令嬢の嗜み』。アニメ化されないのかな。

特にヤングエースUPのコミックは全話読めるし、レベルも高いので気に入っている。『賢者の孫』とか、今まさにアニメが公開中だし。ただ、flyman的にはブラウザでは無く自作のリーダーアプリで読みたいと思う。
ということで、画面をキャプチャしてから不要部分をトリミング、JPEG画像として保存している。
この一連の作業は結構メンドイ。キャプチャは仕方がないにしても、トリミングの手間は軽減したい。これにはPaintShopProという画像ソフトを使っていたのだが、キャプチャしたコミックのトリミングに特化したソフトを自作中だ。
(既刊分については、単行本の電子書籍を買う方が手間が要らないかも。とはいえ、電子書籍のJPEG化も手間ではある)

その名も『ComiCut』。
設定した範囲で画像ファイルを連続してトリミングできるツールだ。

今のところ、未公開。
というか、こんなニッチなソフト、ニーズが無いか。ヘタに上げて、違法アップロードを助長してもイヤだしね。
自分専用ツールを作れるのはプログラマ冥利に尽きる。

さて、本日のアカヒレだが、稚魚ボトルから4匹ほど別のボトルに移動させた。カイミジンコが泳いでいるボトルだ。
移動させるにあたり、当初は稚魚をスプーンですくおうとしたのだが、針子たちの動きが速すぎて断念。スポイトで吸ったのだが、それでも稚魚の動きを追うのに苦労をした。

ところでメインの30cm水槽だが、去年も今年も、こちらでは一匹も稚魚を見ていない。産卵していないのか、産卵しても卵がすぐに食べられているのか。
ただ、去年の秋に産まれたと思われるミナミヌマエビが一匹だけ生き残っているのは確認している。
9匹いるアカヒレ成魚のうち、はっきりオスと分かる個体が一匹しかいない。去年の夏に高温で何匹か星になったが、オスの方が弱いのかも知れない。


2019年6月16日(日曜日)

アカヒレ、5日目?

カテゴリー: - flyman @ 03時56分47秒

インフゾリアをキッチンペーパーで漉す方法はイマイチだ。キッチンペーパーでも目が粗すぎる。次はマスクで試してみようか。

今朝の稚魚ボトルの様子。まだ一匹も落ちずに泳いでいる。
インフゾリアがたくさん居るが、稚魚が口を使っているように見えない。
稚魚ボトルのインフゾリアが極小すぎて餌に向かないのかも知れない。
で、新たにインフゾリアを追加した。
稚魚たちは成体サイズのゾウリムシを盛んに食べるようになった。
インフゾリアを沸かしているペットボトルの中。
中央の大きめなのがゾウリムシ(?)成体。細かいのは恐らく生まれたてのゾウリムシたちだろう。
稚魚はあまりにも小さいものは食べないらしい。

2019年6月14日(金曜日)

アカヒレにインフゾリア

カテゴリー: - flyman @ 07時12分54秒

今朝確認すると、ボトルのインフゾリアがずいぶん少なくなっている。針子たちに食われたのだろう。

インフゾリアは1Lのペットボトルで沸かしている。インフゾリアの餌になる細菌の餌として強力わかもとの錠剤を入れている。インフゾリアが強力わかもとを食べるわけではない。
以前はブロッコリーの葉などを入れていたが、野菜くずや牛乳は水が臭うので、部屋で沸かすのには不向きだ。
中身はこんな感じ。沸き具合はイマイチ。
切り接ぎをしながらボトル2〜3本で培養している。

そんなわけで、アカヒレ稚魚のガラスボトルにインフゾリアを足していて思った。
稚魚のボトルは750mlと小さい。そこに約20匹ほどの針子がいる。
インフゾリアはスポイトで水ごとペットボトルから吸い上げて稚魚ボトルに入れている。が、稚魚に十分な量を入れようとするとペットボトルの水もそれなりに入ってしまう。
インフゾリアのボトルの水は綺麗とは言えず、大量に入れると稚魚ボトルの水も腐ってしまう。
稚魚ボトルはあまり水替えをしたくない。
そこで、インフゾリアをキッチンペーパーで漉し取って入れる事にした。

稚魚ボトルの中。
白くモヤモヤモしているのは、何とインフゾリアだ。なんでこうなった?
入れすぎた? ここで増殖している?

まだ稚魚は4〜5mm程度だが、全滅の危険分散の意味も込めて、別の環境にも分けようかと考えている。
でもそうするとインフゾリアの給餌環境が複数になってめんどい。
稚魚用のエサを食べられるサイズになるまで待つか、考慮中だ。


2019年6月13日(木曜日)

アカヒレ稚魚が泳ぎだした

カテゴリー: - flyman @ 06時38分53秒
昨日まではガラス面に縦にへばりついていたのが、今日は水平に泳いでいる。
周囲に見えている点の殆どはゾウリムシなどのインフゾリアだ。
まだヨークサックも残っていて、口は使っていないようだ。これだけインフゾリアがいれば、当面は別途給餌しなくても大丈夫だと思う。

……と、思っていたら、夕方にはインフゾリアを捕食しだしたみたいだ。
さて、餓死させないだけの餌の準備が成否の鍵だな。

針子たちは十匹程度かと思っていたが、泳ぎ始めてみると、20匹近くは居そうだ。
メイン水槽は30cmで、すでにアカヒレ成魚9匹、ミナミヌマエビ数匹、イシマキガイ2匹が入っている。針子たちがうまく育ってしまうと、メイン水槽が飽和してしまう。どうしようかな(育ってから心配するべき?)。


2019年6月11日(火曜日)

今年のアカヒレ稚魚

カテゴリー: - flyman @ 03時52分12秒

現在、30cm水槽にアカヒレ成魚は9匹。去年から引き続き飼育中だ。

で、今年も産卵の時期になった。

産卵用にはダイソーのガラス瓶を用意した。中に、1リットルのペットボトルの輪切りにホチキスでネットを留めたものを沈めた。アカヒレはばらまき産卵なので、沈下した卵が親に食べられないようにするためだ。
こんな針子たちが十匹くらい見えている。
昨年は一匹だけ産まれたが、すぐに星になってしまった。今年は育って欲しい。

瓶の中を注意して見ていたつもりだったが、今年も卵は一つも見つけられなかった。針子になって初めて産卵していた事を知ったのでした。

産卵間近の親の見分け方。
[1] メスのお腹が大きくなる
[2] オスがメスを追いかける
[3] オスが鰭を広げてメスにアピール(フィンスプレッディング)
特に[3]が見られるようなら適期だ。オス一匹とメス一〜二匹を瓶に移す。
環境の変化が引き金になり、翌日の午前中あたりに産卵が行われる(かも知れない)。
瓶の魚は一〜二日で元の水槽に戻しておく。
水温にもよるが、数日で孵化。
と、flymanはこんな感じで実施した。

ヨークサックが無くなったら、インフゾリア(ゾウリムシなど)を与える予定。


2019年5月1日(水曜日)

遅れて播種したアデニウム

カテゴリー: - flyman @ 07時03分02秒

遅れて播種した4粒もすべて発芽が確認できた。発芽は10/10、100%の発芽率だった。
ただし発芽のタイミングには差がある。今回の鉢は棚の下に置いたのだが、先に発芽したのは手前の二鉢だった。どうやら奥の暗い場所に置いた鉢は発芽が遅れたようだ。これらも明るい窓辺に出したら無事に発芽した。

アデニウムは好光性種子ではないかと思う。全く光の当たらない暗闇では発芽しないかも知れない(試していない)。播種床は明るい日陰に置くのが良さそうだ。


2019年4月25日(木曜日)

今日のアデニウム

カテゴリー: - flyman @ 06時08分13秒

播種した六粒は全て順調に成長している。

前回書き忘れたが、播種の前に種子を2〜3時間程水につけている。
その後、種を水平に播種、覆土は0.5mm程だ。水平にしているのは、根がどちら側から出てくるのか分からないからだ。水平ならどちら側から出ても問題ない。
発芽後、種子の殻が自然に取れないものはピンセットで外した。付けっぱなしだと双葉がうまく展開できなくなる。

残っていた4粒も播種した。まだ発芽は確認できない。


2019年4月23日(火曜日)

七沢森林公園はシャクナゲが見頃

カテゴリー: - flyman @ 09時08分55秒

2019年4月20日(土曜日)

春だ! 種蒔きだ

カテゴリー: - flyman @ 04時40分21秒

ソメイヨシノが終わり、八重桜の季節になった。
春といえば種蒔きだ。昨年はドングリをはじめ、ケヤキ、ハゼノキ、センダンなど、色々蒔いた。
今年はアデニウムに挑戦中だ。
なぜ、アデニウム? 何となく、です。塊根植物って、面白そうでしょ?

種はアマゾンで購入。
アデニウム・アラビカム、10粒550円。
蒔床は、以前にリトープスやストレリチアを播種したけど発芽しなかった物を使い回している。一応、熱湯を掛けて消毒している。
プラポットは観葉植物の土、ペヤングソースヤキソバのケースは赤玉土。
04/13に播種して、本日、04/20には発芽が確認できた。
これは観葉植物の土に播種した物。
ペヤングケースの赤玉土に播種した物。こちらも発芽した。

一年前に使用した土だったが、全部で6粒播種して全て発芽が確認できた。発芽率100%は優秀だ。残った種4粒はどうしようか。残しておいても仕方が無いので、蒔いてしまおうか。

無事に育ってくれると嬉しいけれど、どうだろうか。『砂漠のバラ』と呼ばれるほど美しい花を咲かせる植物なので、開花まで行けたらいいな。


2019年4月5日(金曜日)

伊勢原 芝桜まつり

カテゴリー: - flyman @ 05時24分24秒
渋田川沿いの桜もそろそろ見頃を過ぎつつある。葉桜になっている木もちらほら。
芝桜は今が見頃だ。

今日は黄色い新幹線、ドクターイエローの走行日だった。新幹線の近くで桜が咲く土手には、撮り鉄さんたちが集まっていた。
flymanは遠くから黄色い車体を眺めただけでした。


2019年2月16日(土曜日)

今年も『世界らん展』

カテゴリー: - flyman @ 06時41分08秒
今年も世界らん展の季節になった。
02/15〜02/22の期間、例年と同じ東京ドームで開催されている。
大賞に選ばれたのはこのパフィオだ。
今回から開催内容が変更になるというウワサだったが、特別展示が蘭と関係の無い食虫植物のウツボカズラと、遺伝子組み換えで作られた光る花になっていた。
その他、盆栽の展示があったり、『光と花のシンフォニー』というデジタルアートがあったり。

個人的には、食虫植物も盆栽も好きだ。が、らん展でやる必要があるのか???

お手頃価格の蘭を三株ほど買って帰った。台湾のおばちゃんがかなり安くしてくれた。ありがとう。


2018年12月5日(水曜日)

小さくて軽いQちゃん

カテゴリー: - flyman @ 06時46分31秒

本日のウォーキングのお供は、PENTAX Qだ。これはPENTAXのデジタル一眼であるQマウントカメラの初代にあたる。この後、Q10、Q7、Q-S1と発売され、すでに生産終了の模様。我が家には初代と最終のQ-S1がある。
本日のレンズは01 STANDARD PRIMEだ。

Qの撮像素子は1/2.3インチ、Q−S1は1/1.7インチと、少し大型化されているが、コンデジ並みには違いない。操作性や機能は本格的なデジタル一眼に引けを取らないが、ボディ内にメカニカルシャッターが無いのが玉に瑕だろうか。トイレンズやマウントアダプターで他マウントのレンズを付けたときは、電子シャッターになる。高性能レンズシリーズはシャッターを内蔵している。
Qは、マグネシウムボディで、以降のプラボディとは一線を画す。よく出来たおもちゃだったけど、このシリーズはこのままフェードアウトだろう。残念。


2018年11月23日(金曜日)

HUAWEI P20 のカメラは?

カテゴリー: - flyman @ 12時02分41秒
蜃気楼のように浮いて見えているのは三浦半島か。大磯より。
EOS 60D。
秋のバラ。
EOS 60D。
カメラ機能の秀逸さで評判の高い、HUAWEI P20でのショットだ。
AIがシーンを自動判断してくれるのだが、『青空』があざと過ぎやしないか。
これもHUAWEI P20だ。周辺光量落ちも激しい。
アメリカが、日本を含む同盟国に対してHUAWEIの使用自粛を求めるらしいが、もちろん写真機能とは関係ない。

ライカと共同開発のダブルレンズ(P20 Proはトリプルレンズ)で、カメラ機能の評価の高いP20だが、AIが作るあざとい色味や周辺光量落ちを見ると、まだまだコンデジにも遠く及ばないな、という感想。ましてやEOS 60Dとは比較にもならない。
今回は『写真』モードだけだったが、『プロ』モードにすれば少しはマシかも。
flymanにとっては、スマホのカメラはまだまだ『カメラの代わり』程度の使い道しかなさそうだ。メモ代わりの写真を撮るには便利だけどね。


2018年11月20日(火曜日)

7年ぶりに

カテゴリー: - flyman @ 07時51分43秒

EOS Kiss X2を持って歩いてみた。
レンズはいつもの 70-300 F4Lだ。

Kiss X2がまだ生きているか確かめたくて、持って出た。
もうぜんぜんフォトジェニックな鳥とは出会えず、ヒコーキメインになってしまった。

でも、Kiss X2のシャッター音って、こんなに気持ち良かったんだって、改めて思った。小さいし軽いし、いいカメラだったんだな。


2018年11月19日(月曜日)

久しぶりのミラーレンズ

カテゴリー: - flyman @ 05時35分57秒

Kenko 800mm F8.0を持って出た。天候、曇り。

ブトとボソは仲が悪いわけではないらしい。

相変わらず、ミラーレンズは甘い描写だ。曇りだと独特なリングボケも目立たないので、なんの面白みもない。


2018年6月4日(月曜日)

ヘリコニアの種

カテゴリー: - flyman @ 13時11分37秒

ストレリッチアの種をeBayで買ったが、ストレリッチアの種に見えない、と以前に書いた。
一応、その種は播種してある。

ストレリッチア・レギネという触れ込みの種を蒔いた。播種が4/13なので、もう二ヶ月近くたっている。
が、まだ何の芽も出ていない。これはいったい何者だろうか。

さて、その後eBayで、リトープスとヘリコニアの種を買った。そのリトープスの種が本日到着した。200粒で195円だった。

そのヘリコニアの種がこれ。これって、前のストレリッチアの種とそっくり。ヘリコニアの種にも見えない。
オマケにRose seedsが付いてきた。怪しさ満点だ。バラ園などで見られるハイブリッド・ティー系のバラは、すべて接ぎ木のはず。まあ、そこら辺の野バラの種だとしても、バラには違いないのだが。
送料込みで、一粒一円もしないのだから、本物と期待する方が虫が良すぎるのかもね。

200粒もの怪しい種をどうしたものか。小袋一つ、50粒ほど蒔いてみるか。

リトープスの、吹けば飛ぶような細かい種も播種済みだ。こちらもまだ芽は出ない。

ここのところ『実生』にハマっているflymanとしては、なんであれ、発芽してほしいと願っている。
――ハツカダイコンはすぐに芽が出るのになぁ


2018年5月10日(木曜日)

スネイル

カテゴリー: - flyman @ 08時38分48秒

ボトルに入れたアカヒレだが、一匹は翌日の朝を迎えることなく☆になってしまった。今回の5匹はあまりコンディションが良くないようで、もう一匹は尾ビレをかじられているし、もう一匹は泳ぐときに尾ビレを開かない。
とはいえ、残り四匹はまだ生存している。

ボトルの底石に使っている白い石は、ゼオライトではなく普通の石だったみたいだ。何しろ買ったのはずいぶん前だし、エアープランツからの使い回しだし……。

殻の全長6mm程度の貝、ミジンコと一緒にやってきた。たぶん、サカマキガイ。水槽の嫌われ者らしい。
でも、コケを食べてくれそうなので、白石を入れたボトルに入れてみた。
まだ稚貝だと思うので、増えないことを期待している。
こちらは水草に付着したゼリー状物質。サカマキガイの卵のような気が。
この水草はミジンコ採集地とは別の川で採っている。

なんか、ミジンコボトルのミジンコ密度が減ってきたような気がする。ミジンコの寿命は二週間程度らしいので、繁殖しないと減る一方になる。
アカヒレだが、ミジンコは食べられないと思っていたが、何度もはき出した後で、飲み込んでいるかも。ソイル底のボトルに入れたミジンコが今は見当たらない。


54 queries. 0.122 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)