徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2011年 6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2011年6月29日(水曜日)

サウンドホール

カテゴリー: - flyman @ 23時15分54秒

自作コンサートウクレレのサウンドホールは直径約7cmと、大きめだ。なんでこの大きさにしたか、忘れた。

で、これでボディの共鳴周波数がどうなっているのかというと――調べていない。が、ブリッジ辺りを叩くと、概ねE4=330Hz程度に聞こえる。

共鳴周波数を計算するために、簡単なソフトを作ってみた。ボディの容積がよく判らないが、ざっと計算するとおおよそ440Hz、=A4となった。
ここで、サウンドホールの直径を6cmにすると、共鳴周波数はおおよそ412Hz=G#程度に下がる。

てな計算をしてみても、実際の共鳴周波数を調べてみないことには、始まらないな。

?????

海江田さんは、原発は安全だから運転再開、というが、どう安全なのかは説明しない。『私は安全だと思った』って国民をナメてんのか、お前は(明らかにナメているのだろう)。
アルカイダがジェット旅客機を突っ込ませても安全だと判断できる根拠を示して欲しい。――何度も書いていると思うが、例え安全でも、flymanは原発には反対だ。核廃棄物の処理が、現在の人類には出来ないからだ。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/637

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

20 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)