徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2010年 8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2010年8月26日(木曜日)

ソニーの一眼カメラ

カテゴリー: - flyman @ 22時20分21秒

ソニーから新しい『一眼カメラ』α55、α33が発表された。
クイックリターンミラーと光学ファインダーを持たず、代わりに固定式の半透過ミラー(トランスルーセントミラー)と液晶ビューファインダー(EVF)を用いている。
半透過ミラーで分岐された光はAFセンサーに導かれ、EVFの画像はメインの撮像素子から取られる。ミラー上げ下げを廃したことで、コンティニュアスAFのままα55で秒10コマ、α33で秒7コマの連写が可能になっている。
どうやらこの二台は高速連写に特化したカメラとして作られたらしい。

他にも、3型バリアングル液晶モニターやGPS(α55)など、特徴的な機能が盛り込まれている。
電気屋さんソニーらしい、一眼レフをベースに、なかなかに面白いカメラを出してきたと思う。

だが、このカメラには欠点もある。
まず、撮像素子に届く光は半透過ミラーで分割され、少し暗くなる。これは画質にはマイナスだ。ダイナミックレンジや高感度特性は悪化するだろう。
また、光学ファインダーと違いEVFには遅延を生じる。折角の高速連写も、動体撮影ではファインダー像が追いつかなくなる恐れがある。

でも、これでαレンズ以外、例えばflymanが所有しているケンコーミラーレンズとか、flymanが欲しいBORG望遠鏡とかを付けて手振れ補正や絞り優先オートが使えれば、かなり欲しいんだけどね(買えないけど)。

しかし、『素材が異なることなどから、ペリクルミラーという呼称は用いない』という言い分はいかがなものか。『ペリクルミラー』は素材に付けられた名前ではない。固定式の半透過ミラー(ペリクルミラー)式のカメラは既にキヤノンから発売されている。『ペリクルミラー』という呼称を嫌ったのは『世界初』を印象付けるためのようで、イヤラシイ感じがするぞ。

なお、光学ファインダーの新しい一眼レフも発売になる。ただし、海外で、だが。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/450

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

20 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)