徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2009年 4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2009年4月7日(火曜日)

ミラーレンズって、どうよ?

カテゴリー: - flyman @ 20時51分53秒

以前から気になっているのがミラーレンズだ。ミラー"レンズ"とはいえ、対物レンズは無く、主鏡として凹面鏡が使われている。――はずだが、実物を見たことはない。
反射望遠鏡をカメラのレンズにしたものだが、カセグレン式か、シュミット・カセグレン式だろうか、どれも光軸は真っ直ぐ後ろに抜けている(反射望遠鏡では、光軸を直角に曲げたものが多いのだ)。
SONY製のものを除き、マニュアルフォーカスだし、F値も固定だ。
一時期ロシア製のものが話題になっていたが、今の定番はケンコーの500mm800mm辺りか。

800mmをAPS-Cで使えば、35mm換算1200mm?1280mmの超望遠になる。しかもレンズは軽いし手のひらサイズ、これはもう手持ちでの鳥撮りに最適ではないか!!
問題は、手ぶれ補正だ。こればっかりはEOSではどうにもならないので、αかK200D辺りが欲しいなぁ。

満開の桜の向こうを京浜急行の赤い車両が通過していく。
帷子川沿いの桜。

TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/216

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

20 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)