徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2014年 2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2014年2月22日(土曜日)

世界らん展

カテゴリー: - flyman @ 23時41分11秒

本日、初めて微乳∞ぽろっ、のGPSが動作した。バスの中で確認していたのだが、最初は地図アプリを起動した時点の位置を表示し、少しして位置を表示しなくなった。いつもならこの時点で地図の位置表示ボタンを押しまくり、皇居の真ん中あたりもしくは大桟橋にワープしていたのだが、今日はそのまま待ってみた。10分ほど待ったところで、誤差100m位で位置が表示されはじめ、さらに数分後、誤差10m程度で移動に対応するようになった。最大でも7分待てば位置が表示されると思っていたのだが。

さて、本日は『世界らん展 日本大賞2014』に行ってきた。

PENTAX Q
今年の主催者展示は「知られざる胡蝶蘭の世界」
普段は目にする機会もない、原種の展示。
PowerShotS110
象耳蘭の異名を持つ、胡蝶蘭では最大の葉を持つギガンテア種。残念ながら、花はもう終わりだ。
PowerShotS110
遺伝子組み換えにより作られた、青い胡蝶蘭。
PENTAX Q (これ以降はすべてQだ)
こちらは新しい交配種の展示。
昔は文字通り高嶺の花だった胡蝶蘭も、会場では小振りのものなら一鉢800円程度で買える。

らん展は明日(02/23)まで、東京ドームで開催されている。最終日はどの店もかなり値引きするので、蘭を買いたい人はぜひどうぞ。今年は先週末が大雪だった影響で入場者数が少ないのだろう、蘭はまだかなり残っている(昨年は最終日には安いパフィオはどの店も完売していた)。
ただし、展示を楽しみたい人はなるべく早くに行った方がいい。なぜなら、賞の審査は開会前日の金曜日に行われるため、出品者は開花をらん展開催の前日に合わせているからだ。とはいえ、蘭は花保ちが良いので、最終日でも十分楽しめる。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/984

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

20 queries. 0.052 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)