徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2014年 1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2014年1月11日(土曜日)

知らなかった!ここまでとは!!

カテゴリー: - flyman @ 17時51分28秒

この辺り(神奈川)は現在、猟期に入っている。ところで、犬や猫の中には、撃っても良い、狩猟対象があることを知っているだろうか。
実は、野犬、野猫は狩猟の対象なのだ。ただし、飼い犬、飼い猫はもとより、野良犬、野良猫も狩猟対象ではない。
では、野犬と野良犬、野猫と野良猫の違いを知っているだろうか? どうやら、野生で生きている犬や猫が野犬、野猫、人や人の生活に依存しているのが野良犬、野良猫らしい。
実際、今の日本に野犬や野猫がいるとは思えないので、事実上、犬や猫が撃たれることは無さそうだ。
ちなみに、鳥獣保護法ではヤケン、ヤビョウではなく、ノイヌ、ノネコと呼ぶ。

またチョウゲンボウ目当てのバーダーが集まっているな、と近付いたら、『自分たちはエサを置いているので、餌代として志を出して欲しい』と。『志を出せば、近くで写真を撮らせてあげる』と言われた。
最近のバーダーのマナーの悪さは見聞きしていたが、これにはビックリだ。
もちろんflymanはそんな物を出しはしない。まあ、あきれ果てて、地元にあまり迷惑を掛けないでね、と言ったら、『許可を取ってエサを置いているし、迷惑は掛けていない』と言いかえされた。
公道を勝手に封鎖して、昨年末には違法駐車で警察沙汰にまでなったのに、まったく傍若無人としか言いようがない。しかも鳥を私物化している! :-?

あのチョウゲンボウは近くの集落を回遊していたはずなのにそれを餌付けして足止めしたら、他の場所で写真を撮ったり観察したりしたい人達には大迷惑だ。
そもそも、鳥獣保護法を参考にすれば、餌付けされた鳥はもはや野鳥ではない。神社の境内でエサを貰うドバトと同じ、ノラネコレベルだ。
朝のウォーキングで喧嘩をしてもしょうがないので、flymanは迂回して通り過ぎたが、マジ、身勝手なバーダーは消えて欲しい。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/973

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

20 queries. 0.068 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)