徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2013年 11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2013年11月2日(土曜日)

日本車……どうにかならないものか

カテゴリー: - flyman @ 20時52分09秒

いつもなら志賀COOが行う日産の決算発表をゴーンCEOが急遽海外出張を取りやめてまで行うというので何事かと思ったが、経営陣の若返り、利益見通しの下方修正などで、ゴーンCEO自身の進退の話は無かった。
鳴り物入りで世に出した電気自動車、リーフが売れていないのも利益が伸びない理由の一つだろう。まあ、アレが売れると考える方がおかしいと思う。日産はマーケットリサーチをしているのだろうか。どう見ても200万円程度の車格のクルマを300万円で売っている感じだ。補助金を入れても、割高感は否めない。しかも!格好悪い。脂肪太りのファミリーカーにしか見えない。電気自動車用のインフラもまだまだだし、たとえ値段を下げても爆発的に売れることはないだろう。

Discovery Channelのファスト&ラウドで、日産車をバカにするシーンがあった。安物の大衆車と言いたいんだろう。イメージはその通りだ。先日、近所でチェリーX1Rを見かけたが、ああいう個性的で尖ったクルマはもう出てこないのか。ジュークがCVTでなければ――

レガシイが日本市場を捨てたクルマになった、と以前にも書いたかも知れない。で、flymanはアルファロメオやボルボに食指が動いていたのだが、結局買い換えはやめて今乗っている車を車検に通した。
で、近所に出来たボルボの店に冷やかしに行った。中古車屋だが、新規開店のためか、並んでいたのはV40の未登録の新古車やわずかしか走っていない新品同様のクルマばかりだった。ここは小田原のディーラーの出店で、平塚から移転したのだそうだ。で、新車も扱っている。

R-Designは乗り心地が堅いので、Cross Countryがいい、と進められた。円安傾向なので、来年には販売価格は値上がりするだろう、とも。

来年にはインプレッサをベースにした、レガシイ・ツーリングワゴンの後継車が出てきそうなので、それまでは今のまま、だな。


PENTAX QにCANON EF 50-250mm を付けて。天気悪すぎ。
すでにジョウビタキやコガモは飛来している。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/958

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

20 queries. 0.034 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)