徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2009年 9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2009年9月5日(土曜日)

敵わない、と思ったこと

カテゴリー: - flyman @ 23時58分45秒
もうすぐ会社のお引っ越しだ。
新居の窓から見える風景が、コレだ。エンジンを造っている工場。

私は自分の仕事をプロ意識を持ってこなしてきた。自分の守備範囲なら、そこいらの同業者には負けない、という気概を持ってやってきた(事実がどうであれ)。

しかし、本職以外では時として『敵わないなぁ』と思うことがある。
多くの場合、それは芸術的なもので、例えば優れたホームページのデザインなどを見つけてしまうとそう思うのである。ホームページに使われているのは何の変哲もない技術やノウハウのはずなのに、ちょっとしたレイアウトや色遣いに、並々ならぬセンスが見えるのだ。

で、最近『敵わないなぁ』と思ったのが、今更なのだが、青葉城恋唄だ。
この歌は、さとう宗幸がディスクジョッキーをやっていた仙台のFM放送番組の一コーナーで、歌詞を募集したことがきっかけで生まれた。応募された歌詞に、さとう宗幸が即興で曲を付けるというものだったが、ご存じの通りミリオンセラーの大ヒットとなった。

作詞したのはアマチュアの作詞家、星間船一だ。歌詞の一部、『杜の都』の部分はさとう宗幸が書き換えたそうで、オリジナルは『青葉城仙台』だった。
それはともかく、普通の日本人なら日本語を話す。その点においてはプロの作詞家も私と変わりはしない。ましてや星間船一はアマチュアだし、私も趣味で小説を書く(書いた)。
しかし、この詩を見ると、『敵わないなぁ』と思う。言葉遣いだけでなく、現在と過去の対比、過去の『君』現在の『あの人』といった表現の違い、いや、論理的な思考だけでは出てこないよなぁ、こういうのは。
悔しいけど、敵わないのだ。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/289

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

20 queries. 0.043 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
テーマ選択

(4 テーマ)