徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2018年 11月
« 6月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2018年11月23日(金曜日)

HUAWEI P20 のカメラは?

カテゴリー: - flyman @ 12時02分41秒
蜃気楼のように浮いて見えているのは三浦半島か。大磯より。
EOS 60D。
秋のバラ。
EOS 60D。
カメラ機能の秀逸さで評判の高い、HUAWEI P20でのショットだ。
AIがシーンを自動判断してくれるのだが、『青空』があざと過ぎやしないか。
これもHUAWEI P20だ。周辺光量落ちも激しい。
アメリカが、日本を含む同盟国に対してHUAWEIの使用自粛を求めるらしいが、もちろん写真機能とは関係ない。

ライカと共同開発のダブルレンズ(P20 Proはトリプルレンズ)で、カメラ機能の評価の高いP20だが、AIが作るあざとい色味や周辺光量落ちを見ると、まだまだコンデジにも遠く及ばないな、という感想。ましてやEOS 60Dとは比較にもならない。
今回は『写真』モードだけだったが、『プロ』モードにすれば少しはマシかも。
flymanにとっては、スマホのカメラはまだまだ『カメラの代わり』程度の使い道しかなさそうだ。メモ代わりの写真を撮るには便利だけどね。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/1199

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

20 queries. 0.042 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)