徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2018年 5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2018年5月10日(木曜日)

スネイル

カテゴリー: - flyman @ 08時38分48秒

ボトルに入れたアカヒレだが、一匹は翌日の朝を迎えることなく☆になってしまった。今回の5匹はあまりコンディションが良くないようで、もう一匹は尾ビレをかじられているし、もう一匹は泳ぐときに尾ビレを開かない。
とはいえ、残り四匹はまだ生存している。

ボトルの底石に使っている白い石は、ゼオライトではなく普通の石だったみたいだ。何しろ買ったのはずいぶん前だし、エアープランツからの使い回しだし……。

殻の全長6mm程度の貝、ミジンコと一緒にやってきた。たぶん、サカマキガイ。水槽の嫌われ者らしい。
でも、コケを食べてくれそうなので、白石を入れたボトルに入れてみた。
まだ稚貝だと思うので、増えないことを期待している。
こちらは水草に付着したゼリー状物質。サカマキガイの卵のような気が。
この水草はミジンコ採集地とは別の川で採っている。

なんか、ミジンコボトルのミジンコ密度が減ってきたような気がする。ミジンコの寿命は二週間程度らしいので、繁殖しないと減る一方になる。
アカヒレだが、ミジンコは食べられないと思っていたが、何度もはき出した後で、飲み込んでいるかも。ソイル底のボトルに入れたミジンコが今は見当たらない。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/1195

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

20 queries. 0.040 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)