徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2018年 5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2018年5月4日(金曜日)

ミジンコ

カテゴリー: - flyman @ 06時36分14秒

ミジンコをじっくり眺めたのは小学生の理科の授業以来だ。学校のプールでプランクトンネットを引っ張った、あの遠い日を思い出す。

農地に走るU字溝、まだ水田に水が入らない今、水深は数センチしかない。
緑の、髪の毛のような藻が繁茂している。種類は分からない。
藻の中に、ミジンコがいた。選別してエビモのプラボトルに入れるつもり。
ミジンコは、少なくとも二種類はいるようだ。カイミジンコとケンミジンコかな? 他に、ボウフラや極小な巻き貝も捕れたけど、どうしたものか。

髪の毛みたいな藻は、ボトルアクアリウム向きじゃない。流れがないと、ただ気持ち悪いだけだ。

平塚市、伊勢原市、厚木市辺りの水田は、秋から春の田植え時期まで水を落とす。水田につながる水路、その元になる水路くらいまではほぼ水がない。だから水草やミジンコ集めも大変だ。

そこにプラボトルがあったから、で始めたボトルアクアリウム、どうなりますやら。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/1193

  1. Blundering Ben
    flyman のおもちゃ箱 - PhotoLog

    Trackback by Blundering Ben — 2018年7月16日(月曜日) @ 11時26分26秒

コメント

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

21 queries. 0.043 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)