徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2018年 1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2018年1月13日(土曜日)

寒いけど、小田原フラワーガーデンへ

カテゴリー: - flyman @ 14時09分17秒

今日はPENTAX Q-S1を持って出かけた。

ここは梅林が広がっていて、色々な品種の梅が植えられている。
殆どの木はまだ蕾だが、ぽつりぽつりと咲きだしている木もあった。
06 TELEPHOTO ZOOM
薄いピンクの花。きれいだ。
02 STANDARD ZOOM
咲いているのは紅梅が多く、白梅はまだほとんど咲いていない。あと二週間もすれば、きっと綺麗に咲き誇っているのだろう。
01 STANDARD PRIME
入場無料の温室。サボテンや熱帯スイレンなどが見られる。
02 STANDARD ZOOM
02 STANDARD ZOOM
02 STANDARD ZOOM
こんな、リュウゼツラン的な植物が多い。なかなかフォトジェニックな感じ。
02 STANDARD ZOOM
02 STANDARD ZOOM
これは有料のトロピカルドーム温室のツンベルギア・マイソレンシス。
02 STANDARD ZOOM
黄色い椿、キンカチャ。
02 STANDARD ZOOM
側面を這い登っているブーゲンビリアの花がきれいだ。パンノキなど、結構大きな木もある。
03 FISH-EYE

白梅、紅梅というのは花の色とは関係ない、と植物の本で読んだことがある。白梅紅梅は、枝を切った時の芯の色の違いだそうだ。だから赤い花が咲いても、枝の芯が白ければ白梅なのだ。まあ、一つの枝に白花や紅花を付ける「思いのまま」みたいな種もあるわけだから、そうなのかもしれない。でも、枝を切ってみなければ素人には白梅か紅梅か分からないというのも、何だかなぁ。というか、一般的には花の色で区別してるよなぁ。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/1184

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

20 queries. 0.040 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
nikkansports
IT Pro
レスポンス
テーマ選択

(4 テーマ)