徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2024年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
WordPress カテゴリ一覧






カテゴリ: 時代・その他
今すぐ閲覧!南海の月光 ヒット数 掲載日:  2016-9-28
説明:
原稿用紙換算37枚。
昭和十八年、南洋の島は雨期の終わりを迎えていた。
海軍航空隊所属の操縦員、倉橋少尉に下されたのは思いもよらない任務だった。

931 回の参照  931  ファイルサイズ 0バイト
評価: 0.00 (0 票)
この小説を評価する | ファイル破損/リンク切れを報告 | 友達に教える | コメント (0)


 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。