徒然なるままに、日ぐらしP/Cに向ひて――
メインメニュー
ブログカレンダー
2015年 10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 検索


富士カメラ5

Kestrel とは、チョウゲンボウのことです。ハトくらいの小さな猛禽類、つまりワシの仲間で、ハヤブサに似ています。
チョウゲンボウにはホバリングという特技があります。よく農地の上空で空中に停止している姿が見られます。小さいけれどカッコイイ、そして最近は都会でも繁殖している頼もしいタカです。
このサイトのURLは、そんなチョウゲンボウから名前を借りました。

2015年10月15日(木曜日)

高電位治療器

カテゴリー: - flyman @ 23時32分05秒

flymanは先月、高電位治療器 mirai14000 なるものの無料体験を一か月ほど受けていた。これは人体に14,000ボルトの高電圧をかける医療機器で、一般に『頭痛、肩こり、不眠、便秘』の改善効果がある、らしい。
けれどもmirai14000の宣伝員は、血液の流れを良くする効果を説明していた。実際、flymanはかなりひどい片頭痛持ちなのだが、これは高電位治療器でも緩和されなかった。肩こり、不眠はないので、効果は不明、便秘は、flymanはむしろ治療を受けていた間のほうが出が悪かった気がする。
結局この機械は買わなかったのだが(約70万円する)、今になって買えばよかったかな、とも思っている。というのも、flymanの場合、疲れ目に効果があったからだ。それまでは夕方になると視力が落ちてきて仕事にも支障が出るほどだったのが、無料体験を受けていた間はそれがかなり緩和されていたからだ。無料体験を終えて二週間ほどで、また夕方には視力が落ちるようになってしまった。
宣伝員の話では、目の奥の毛細血管が詰まって視力が低下するのだそうだ。市販の目薬には血管を拡張する成分が入っていて視力を回復させるが、高電位治療器は血流を良くする働きがあるので、視力回復に効果があるらしい。余談だが、以前、酒に目薬を入れるこん睡強盗が話題になったが、目薬を経口服用すると血管拡張が激しく、アルコールが回りやすいので泥酔させられるのだそうだ。

血流を良くする効果があるため、脳梗塞、心臓疾患、静脈瘤など血管の詰まりの予防になる、とのことだ。これがたったの70万円で可能なら安いもの、だが、どう見ても原価は5?7万円程度にしか見えないものに70万円払うのは躊躇われた。

今年も小布施に行ってきた。
毎年、観光客が増えていくような気がする。

高電位治療器は、ひとによって効果に差がありそうだ。便秘が治った人、静脈瘤が消えた人、なかには白髪が黒くなった、とか、髪が生えてきた、などという人もいるようで、髪が生えるなら即買いだったのに :evil:


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.kestrel.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/1104

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

20 queries. 0.041 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ヘッドライン
テーマ選択

(4 テーマ)